パスポート用の証明写真はどこで撮る?

パスポート用の証明写真はどこで撮る?

パスポートなどの書類を申請する際には、必ず写真の提出を求められます。長くすれば10年間も使うパスポートですので、写りの良い証明写真が撮りたいですね!

パスポート用の証明写真を撮る必要があり、なるべく家の近くで撮影が可能な場所を探しているとき、あなたはどこに行きますか?

簡単な方法もあれば、少し手間のかかる方法もあって、コンビニエンスストアに設置されているフォトブースを利用したり、写真家の撮影スタジオを利用したりするのが一般的です。

しかし最近は技術の進化に伴い、自宅に居ながらにして、お手持ちのスマホのカメラで自分で写真を撮影し、オンラインで専用ソフトを利用して編集することも可能になってきました。今回のブログポストでは、パスポート用写真の撮影方法とそのメリット・デメリット、そして家に居ながらにしてパスポート用写真を撮影する新しい方法を紹介します。

パスポート用の証明写真を撮影する方法とそのメリットとデメリット

パスポート用の写真を撮影する場合、多くの人はコンビニエンスストアに設置されている証明写真機(フォトブース)を利用す流や写真館のスタジオを利用します。どちらの方法も一長一短があります。コンビニのフォトブースは安くて、何度でも撮り直しができます。しかし、写真を選ぶのは自分自身であり、姿勢や写真の比率の相談や目の赤みなどを修正してくれる人はいません。間違った寸法や規定を満たさない写真を定出つした場合、責任は自分にあって、撮り直しを命じられた時もその費用はもちろん自己負担になります。

一方、写真館のスタジオで撮影すれば、写真家のノウハウを利用することができます。しかし、スタジオに行く必要があり、高い料金を払って撮った写真を購入する必要があります。また時期によって写真館は混雑するので、予約をして待つ必要があります。 そして、人前で写真を撮られるのが苦手な人も少なくはないでしょう。

証明写真用のソフトーもう一つの撮影方法

そこで最近では、証明写真を撮るためのソフトウェアが人気を集めています。Passport Photo Online を利用すれば、納得いくまで何度も写真を撮り直すことができます。

パスポート用の証明写真など、さまざまな用途の証明写真の正式な要件を満たすためにも、このソフトを活用することができます。

面倒な手続きは一切ない。ただすでにお持ちの写真の中から適切と思われるものを提出するかAppStoreやGooglePlayからダウンロードできるアプリとスマホを使ってたった3秒で証明写真を撮ることもできます。

AIシステムが写真をスキャンし、規定を満たしているかどうかを確認してから背景を整えて適切なサイズにトリミングするので、写真が提出先である機関に受理されるかどうかを心配する必要はありません。

さらに万が一、写真が承認されなかった場合は、Passport Photo Online では2倍の返金が保証されていますので、時間も、お金も節約しながら安心もできるサービスを提供しています。

24時間365日、あなたの好きな時間や場所からいつでもすぐに撮影、プリントが可能!

パスポート用の証明写真ーまとめ

パスポートを申請する際には、国際基準を満たしている証明写真を提出する必要があります。 パスポート用の証明写真を撮るにはいくつかの方法があります。

証明写真機を利用したり、写真館のスタジオに行って撮影する人もいます。

また最近では自宅でスマホを使って撮影した写真をPassport Photo Online など、証明写真作成専用ソフトにアップロードする方法もあります。

ソフトを利用することで、証明写真機で証明写真を撮る時のようにリーズナブルな価格で撮り直し放題のオプションと写真館の撮影スタジオを利用して得られる「提出先に受理される保証」、二つの利点を同時に活かせることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です