日本の運転免許証用写真

日本の運転免許証用写真

完璧な証明写真を撮りましょう

何を得ますか?

時間とお金の節約 - 家に居ながらにしてド証明写真を撮れます

便利さ
数秒でデジタル写真をゲットできて、またはプリントアウトをご自宅にお届けします。
プロフェッショナルサービス
7年間で100万人以上の方にご利用いただきました。
受け入れの保証
写真が当局によって拒否された場合は、お支払いいただいた金額の2倍を返金いたします。
満足保証
写真は好きなだけ撮影して、満足したときにのみ料金を支払います。
National Geographic
Forbes
Puls Biznesu
Glamour

日本の運転免許証用写真 - サイズと要件

日本の運転免許証用写真
サイズ
幅: 24 mm
高さ: 30 mm
解像度
600 dpi
画像パラメータ
  • 頭の高さ: 73 %
  • 写真の上から髪の毛の上まで: 7 %
オンライン申請に適していますか?
はい
印刷は可能ですか?
はい
背景色

写真の正しい撮り方とは?

体とカメラの距離
1
体とカメラの距離
姿勢:まっすぐ
姿勢:まっすぐ
2
姿勢:まっすぐ
顔の全面に均等に照明を当てること
顔の全面に均等に照明を当てること
3
顔の全面に均等に照明を当てること

日本の運転免許証用写真

日本で運転免許証を取得したい場合は、筆記試験と実技試験に合格し、必要書類と、仮免許証用のパスポートスタイルの写真2枚、免許証用の写真1枚を提出する必要があります。

しかし、免許証用の写真は日本のパスポートの写真と同じという訳では無く、寸法が異なるため特定の写真を添付する必要があります。皆さんは全ての要件をご存じですか?知らない場合でも心配しないでください。今回の記事では、日本の運転免許証用写真を撮る方法について、簡潔かつ総合的なガイドを紹介します。ガイドをよく読み、日本の運転免許証用写真アプリを利用して、100%正確な写真を準備しましょう。

日本の運転免許証用写真の仕様

運転免許証用の写真を撮る前に、規則について知っておく必要があります。免許証用写真の要件は以下の通りです:

  • サイズ24mm x 30 mm
  • 正しくトリミングされている
  • 無地の青い背景で撮影
  • 適切なレベルで露出されている
  • 構図、頭の位置、その他の詳細が要件に適合

また、写真では確認できない禁止事項や、顔を正しく照らすための方法についても知っておく必要があります。ここからは皆さんが免許証用写真を簡単に素早く撮影することができるように、いくつかのアドバイスとヒントをお教えします。また、当社では世界中の何千人ものユーザーが免許証用にサイズ変更、トリミング、背景の交換、写真の確認のために使用している、使いやすい運転免許証フォトメーカーも提供しています。

日本運転免許証用写真の有効性

運転免許証用の写真は、現時点の顔を写している必要があります。そのため、6か月以上経過した写真を使用することはできません。運転免許証申請書に6か月以内に撮影した写真のみを添付してください。そうでない場合は無効になります。美容整形手術を受け、顔の特徴が大幅に変化した場合は、新しい写真を提出する必要もあります。

自宅で運転免許証用の写真を撮影する方法

日本の運転免許証用写真の要件はそれほど多いわけではありませんが、具体的である為、適合する写真を自分で作成するのは非常に難しいと思われている方も多いでしょう。しかし、運転免許証に適合する写真を撮るために写真スタジオに行く必要はなく、時間を無駄にしてお金を払う必要はありません。ある程度内容を理解し、スマートフォトアプリを使用すれば、運転免許証用写真の撮影は実はかなりシンプルです。このAppStoreおよびGoogle Playストアからダウンロードできるインテリジェントフォトジェネレーターアプリを使えば、簡単に正しい写真を撮影できます。

必要なのは少しの時間と空きスペースのみです。場所はアパートでもどこでも構いません。背景を気にせず、簡単に写真を撮りましょう。必要な物:

  • スマートフォン、タブレット、またはデジタルカメラ
  • 自撮り写真は使用できないため、撮影者または三脚
  • 詳細な写真要件リスト(次の説明に従ってください)
  • 写真の適切なサイズ変更、トリミング、調整をサポートする写真アプリ

日本の運転免許証‐写真に必要なサイズとトリミング

日本の運転免許証のサイズ要件は、幅:24 mm、高さ:30mmです。

頭部(髪の毛の上部まで)が写真の75%をカバーする必要があり、写真の上部から髪の毛の上部までの距離は画像全体の4%でなければならず、写真内で、頭、首、肩の上部がすべて見えるようになっていなければなりません。カメラやスマートフォンでズーム機能を使用したり、自撮りで撮影したりしないでください。

難しいと思いますか?

この要件を満たすには、あなたと撮影者(または三脚)との距離を保つだけです。推奨距離は1,20〜2メートルになります。

それでも難しいと思いますか?

もっと簡単な選択肢があります!構図、頭の位置、顔の表情などのルールに従って写真を撮るだけです。写真のサイズ変更とトリミング用アプリをダウンロードすればすぐに完了です。このアプリは人工知能に基づいており、作成したい写真の必要な寸法を自ら知っておく必要はありません。このツールは、画像のサイズ変更とトリミングを自動的に行い、作成した写真をメールアドレスに送信します。興味ありませんか?続きを読みましょう。

日本の運転免許証用写真の背景色とスタイル

日本で運転免許証を取得するには、カラーの顔写真を1枚提出する必要があります。写真は水色かつ無地の背景で撮影しなければならず、背後には影や物がない状態である必要があります。また、写真に写っているのは本人だけでなければなりません。

しかし、だからといって青い背景用シートを手に入れたり、壁を青色に塗ったりする必要があるという意味ではありません。撮影場所は基本的に自由です。

さらに、運転免許証用写真の背景についても考える必要はありません。撮影した画像を背景リムーバーフォトアプリにアップロードするだけで完了します。このツールは1秒で背景を修正し、写真はスタジオで撮影されたように見せることができます!

日本の運転免許証用写真の色

運転免許証専用の写真は、自然な肌の色と実際の目の色を写している必要があります。もちろんカラー写真でなければなりません。フラッシュランプによって引き起こされる「赤目」は却下条件に当たるため覚えておきましょう。また、カラーフィルターを使用したり、白黒画像を添付したりしないでください。フラッシュランプを使用する代わりに、窓に面した日中に写真を撮れば日光が顔を正しく均一に照らし、最適な写真を撮影することができます。

運転免許証用写真における顔の表情

日本の運転免許証の写真を撮っている間、笑顔を作ってはいけないということを知っていましたか?表情は自然でなければなりません。顔をリラックスさせ、目を開いて口を閉じてカメラのレンズをまっすぐ見てください。パスポート、ビザ、IDカード、運転免許証などの特定の書類専用の写真で微笑んだり、眉をひそめたり、しかめっ面をしたりすると申請が却下されます。

運転免許証用写真での構図と頭の位置

写真は正面から撮影する必要があり、横向きなど他の角度は許可されていません。頭を写真の中央に配置し、カメラレンズを目の高さに調節する必要があります。そしてカメラをまっすぐ見つめ、頭をどの方向にも傾けないようにする必要があります。

運転免許証用写真におけるヘッドカバー

一般的に、日本の運転免許証用写真を撮る際は、いくつかの例外を除いて頭部を露出させる必要があります。たとえば、宗教的理由(ヤルムルケ、ヒジャーブなど)のためにヘッドカバーを着用している場合は、写真でも着用できますが、その場合にも規則があり、ヘッドカバーが眉のラインの下で顔を覆い隠したり、肌に影を落としたりすることはできません。

また、医療上の理由で頭を覆ったままにしておくことも許可されています。ただし、ヘッドバンド、帽子、キャップなどファッション用途のヘッドカバーを着用することはできません。大きな髪の装飾やイヤリングは顔を覆う可能性があるため、避けてください。

運転免許証用写真における眼鏡

運転免許証用写真には眼鏡に関する特別な規則はありませんが、写真を撮る際は眼鏡を外すことをお勧めします。眼鏡を着用している場合、フレームが顔を覆い隠したり、影を落としたりする可能性があり、このような理由で着用時の写真が拒否される可能性があります。医療上の理由で眼鏡をかけなければならない場合は、目がはっきりと見えること、眼鏡に色が付いていないこと、顔が隠されていないことを確認しなければなりません。

運転免許証用写真におけるピアスとアクセサリー

日本の運転免許証用写真にはジュエリーや顔ピアスに関する規則はありませんが、一般的に、どのようなアイテムでも顔を覆い隠す可能性があるものは避けるべきです。アクセサリーや顔ピアスは禁止されておらず、運転免許証のために写真を撮る前に外す義務はありません。しかし顔の特徴を覆い隠すような場合は却下されます。さらに、ピアスによりは肌が明るくなってはならず、その場合は、ピアスなしで写真撮影をする必要があります。

日本の運転免許証用写真における技術的要件

運転免許証などの正式文書用の写真は、設定された基準に準拠している必要があります。

  • マットな写真品質の紙に印刷
  • 解像度600dpi
  • 引っかき傷や損傷がない
  • 適切に露出されている(大きすぎても小さすぎても不可)
  • ピントが合っていてシャープ
  • コンピュータソフトウェアやフィルタによって加工されていない
  • レタッチされていない

運転免許証用の写真を家庭用プリンターで印刷しないでください。インクジェットプリンタなどのデバイスでは、十分な品質の画像を作成できません。写真を印刷するには、フォトストアまたはフォトブースを探す必要があります。通常、写真をJPEG形式でフォトストアや写真サービスなどに送信します。運転免許証フォトメーカーを使用すると、追加の手順なしで写真を印刷できるようになります。

日本の運転免許証用写真でありがちな7つの間違い

日本にける運転免許証用写真の要件は非常に厳しく、写真がこれらの要件を満たしていない場合、申請は拒否されます。写真の撮影中にありがちな一般的な間違いを理解して、避けるようにしましょう!

  1. 間違ったサイズ
  2. 間違ったトリミング‐頭が大きすぎるまたは小さすぎる
  3. 笑顔またはしかめっ面
  4. 顔に正面の構図ではない
  5. 顔が傾いている
  6. カメラレンズを真っ直ぐ向いていない
  7. 髪の毛などで顔が隠れている

インテリジェントな運転免許書写真ジェネレータ‐オールインワン

パスポート/ IDカード/運転免許証/ビザ/その他の公式文書用の写真を作成するための最も便利なツールは既にチェックされましたか?

iOSデバイスの場合はApp Storeから、Samsung、Nokia、およびその他スマートフォンの場合はGoogle Playストアからダウンロードできます。

このフォトメーカーでは、適切なサイズ変更、正確なトリミング、背景の削除と交換、写真の確認をたった3秒で行うことができます。あなたがしなければならないのは選択した写真をアプリにアップロードするだけです!あとはこのツールが代わりに全て行うので、自身が正しいサイズやトリミングについて心配する必要はありません!

日本の運転免許証用フォトメーカー‐お金と時間を節約!

写真スタジオやフォトブースで写真を撮影したくない場合は、節約して写真を撮りましょう!プロ仕様のフォトジェネレーターを使用すれば、ご希望のいかなるドキュメントにも完璧な写真を作成することができます。店頭に出向く必要なしに自宅ですべて完了します!さらに特定の写真のみにお金を支払うため、大きな節約にもつながります。写真を無料で無制限にアップロードして、お好みのものをチェックしましょう。

よくあるご質問

💡 日本の運転免許証用写真のサイズはどれくらいですか?

日本の運転免許証用写真は、24 mm x 30 mm(幅x高さ)です。

💡 運転免許証申請書にパスポート写真を添付できますか?

できません。日本のパスポート写真のサイズは35x 45 mmで、運転免許証用写真のサイズは24 x 30 mmであるため、特別に別の写真を撮る必要があります。

💡 トリミングはどのように行う必要がありますか?

運転免許証用の写真では、顔がすべてはっきりと見え、首と肩の上部もはっきりと見えなければならず、頭の高さは画像の75%である必要があります。

仮免許を申請する場合は2枚、通常免許を申請する場合は1枚の写真を提出する必要があります。仮免許の場合、2枚は全く同じ写真でなければならず、すべての要件を満たしている必要があります。

できません、市役所で直接申請し、紙の写真を1枚か2枚持参する必要があります。

できません。写真はマットな写真品質の紙に印刷されていなければならず、画像をフォトストアに送信するか、フォトキオスクで印刷するのが最適な選択肢となります。

いいえ、できません。写真は運転免許証用に特別に撮影されたオリジナルである必要があり、別の写真から切り取られたものを使用することはできません。

いいえ、日本の運転免許証専用の写真はカラー写真でなければなりません。

いいえ、その必要はありません!運転免許証の写真を専門的に撮る必要はなく、いつでもどこでも携帯電話やカメラを使って自分で撮ることができます。

いいえ、自撮りの使用は許可されていません。セルフタイマー機能や三脚を使って撮影するようにしましょう。

こちらの記事を読めばとても簡単に行えます。いくつかのルールに従い、写真ジェネレータを使用して背景のサイズ変更、トリミング、および調整を行うだけで完了します。

背景リムーバーフォトアプリをダウンロードして使用すれば、背景を要件に合致するように自動的に調整します。

いいえ、無表情でなければなりません。笑ったり、眉をひそめたりしないでください。 カメラをまっすぐ見て、目を開いて口を閉じた状態で撮影しましょう。

日本の運転免許証用写真の最小解像度は600dpiです。

はい。添付画像は、鮮明で、焦点が合っていて、適切に露出されている必要があります。印刷された写真は良好な状態である必要があり、傷が付いたりしてはいけません。

ファッション用途の帽子、ヘッドバンドなどは許可されていませんが、宗教上の理由でヘッドカバーを着用している場合は、写真を撮っている間も着用することができます。その場合でも頭を覆うだけで顔の部分も覆い隠してはならず、肌や目に影を落とさないように注意してください。ただしニカーブは禁止されています。

はい、必要な場合は色付きではない眼鏡を着用することができますが、フレームが目を覆い隠してはなりません。また、サングラスや色付き眼鏡は禁止されています。

好きな服を着用できます。特別な要件や推奨事項を設定されていません。

はい、PhotoAiD Apoをダウンロードして簡単にサイズ変更、トリミング、背景の変更、写真の確認を行うことができます。このアプリは、AppStoreまたはGoogle Playストアからダウンロード可能です。

運転免許証用写真は写真品質の紙に印刷する必要があるため、フォトラボ、フォトストア、またはモールのフォトブースで印刷することをお勧めします。

最大半年です、6か月以上前の写真は添付しないでください。

フォトメーカーをご利用の場合は、メールアドレスに写真を印刷できるJPEGファイルの状態でお送りします。

プロの写真スタジオに行く場合、4枚セットのためにかなりの金額を使わなければならない事もあります。しかし、当ウェブサイトで完璧な写真を作成すれば、無制限に印刷できるテンプレートを入手して格安で写真を作成することができます。

いいえ、顔の特徴を覆い隠さなければ、着用したままで撮影できます。

いいえ、リスクを冒したくない場合は、絶対にソフトウェア、フィルタ、Photoshopなどを使用して画像を加工しないでください。

運転免許証写真検証アプリを使用するだけで確認できます!当社がベースとしている人工知能は、撮影された写真を正しいかどうかをマークします。人工知能が承認すれば、その写真がすべての要件を満たしていることを確信することができます!

ぜひ私たちのウェブサイトをご覧ください!世界中のさまざまな文書用に100種類を超えるテンプレートがあります。興味のあるものをチェックして、世界中のあらゆる提出書類に適合する写真を作成してください。

ドキュメントについて

日本における運転免許証

日本の公道を合法的に運転する場合は、日本の当局が発行した有効な運転免許証、またはジュネーブ条約に署名している国が発行した国際運転免許証(IDP)または、次の国のいずれかによって発行された運転免許証が必要となります:または、次の国のいずれかによって発行された運転免許証:オーストリア、オーストラリア、ベルギー、カナダ、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国、米国ハワイ州、メリーランド州、バージニア州、ワシントン州。

日本における運転免許証の種類

日本の運転免許証は、経験レベルと車種によって分類されています。

最初の免許は、新規ドライバーに6ヶ月間発行される仮免許です。この期間中、新しいドライバーは、経験豊富なライセンス取得済みの教官監督の下で第一種運転免許を取得するために運転訓練を行う必要があります。このタイプの運転免許保有者は、公道では他の運転者に見えるように、車両の外側に「教習中」と記載された白地に黒のプレートを装着する義務があります。

第一種運転免許は、自家用車を運転するための通常運転免許です。

第二種運転免許は、バスやタクシーなどの商用乗用車を運転する場合にのみ必要な運転免許です。第二種運転免許を取得したい場合は、21歳以上であり、第一種運転免許を取得したうえで運転経験が3年以上あることを証明する必要があります。

日本で運転免許を取得する方法

日本で運転免許を取得するには2つのオプションがあります。1つは、近場にある自動車教習所に通って長期コースで受講する方法です。交通ルールに関する26時間のコース(講義)と31時間の実践的な実技トレーニングに参加し、卒業するまでに数か月かかる場合があります。

2つ目のオプションは、いわゆる免許合宿プログラムです。学科勉強や運転の練習のために約2週間合宿の形で滞在しなければならないため、あまり人気があるプログラムではありません。合宿タイプの費用には、宿泊費、食費、授業料が全て含まれています。

日本における運転免許テスト

最初のステップは常に学科テストの受験であり、次の書類を持参する必要があります:

  • 身分証明書または有効なパスポート
  • 居住証明書
  • 自分の写真2枚(2,4 x 3 cm
  • 外国人の場合は外国人登録証または在留カード
  • 必要に応じて眼鏡

学科試験に合格したら、運転免許試験の予約をする必要があります。その後、うまくいけば、学習者免許(仮免許)を取得し、第一種運転免許を持っている経験豊富な教官監督の下で運転を練習することができます。

運転免許試験に登録する準備ができたら、次の書類を持参してください

  • 仮免許
  • 身分証明書または有効なパスポート
  • 居住証明書
  • 自分の写真2枚(2,4 x 3 cm
  • 外国人の場合は外国人登録証または在留カード
  • 3か月間有効な教習レポート
  • 必要に応じて眼鏡

学科試験に合格した後、認可された自動車教習所で運転免許試験を予約し、そこで初心者向けの講義に参加します。そしてこれが、第一種運転免許を取得するために必要な最後のステップです。これであなたも立派なドライバーです!

この情報は役に立ちましたか?

評価: 4.50 - 投票数:18