アメリカビザの写真

アメリカビザの写真

完璧な証明写真を撮りましょう

何を得ますか?

時間とお金の節約 - 家に居ながらにしてド証明写真を撮れます

便利さ
数秒でデジタル写真をゲットできて、またはプリントアウトをご自宅にお届けします。
プロフェッショナルサービス
7年間で100万人以上の方にご利用いただきました。
受け入れの保証
写真が当局によって拒否された場合は、お支払いいただいた金額の2倍を返金いたします。
満足保証
写真は好きなだけ撮影して、満足したときにのみ料金を支払います。
National Geographic
Forbes
Puls Biznesu
Glamour

米国ビサの写真-サイズと要件

アメリカビザの写真
サイズ
幅: 2 in
高さ: 2 in
解像度
300 dpi
画像パラメータ
  • 頭の高さ: 1.29 in
  • 写真の下から目まで: 1.18 in
オンライン申請に適していますか?
はい
印刷は可能ですか?
はい
背景色

写真の正しい撮り方とは?

体とカメラの距離
1
体とカメラの距離
姿勢:まっすぐ
姿勢:まっすぐ
2
姿勢:まっすぐ
顔の全面に均等に照明を当てること
顔の全面に均等に照明を当てること
3
顔の全面に均等に照明を当てること

米国ビザ写真のガイド

アメリカに行きたい理由は無限にあるでしょう。探検、観光、家族や友人の訪問、仕事、教育、あるいは冒険好きからなど。アメリカに行きたい場合、いくつかの要件を満たすために色々な準備をするべきです。もちろん、パスポートは必要ですし、多くの場合、ビザも必要です。ビザを申請するためには、特定の書類とビザ用の写真を提出しなければなりません。ビサ用写真はプロの写真スタジオで撮影する必要はなく、スマートフォンとオンラインの写真作成ツールを使って自分で撮影することもできます。アメリカのビザ用写真には規格があり、失敗するとビザ申請書が却下されてしまうので注意が必要です。

アメリカのビザ用写真のガイドライン

アメリカのビザ用写真については、必要なビサ写真サイズやその他の要求事項が世界の大半の国のビザ用写真と異なるので、人々はしばしば混乱します。私たちは、このトピックに関する短いハンドブックを作成しました。どうぞ、アメリカのビザ写真の要件に関する最も重要な情報を読んで身に着けてください。この文章は10分以内に読めれますし、読んだ後には以下のことがわかります。

  • ビザ用写真に必要なサイズ、色や方向
  • 写真に写るときの一番いいポーズ
  • 写真をトリミングしてサイズを変更する方法
  • 背景を削除し、白い背景に変更する方法
  • 最も一般的な間違いをすることを避ける方法
  • あなたの写真が絶対に適切であることを100%で確認する方法

スマートなビザ写真メーカー

お金と時間を節約したいならは、私たちの人工知能技術に基づいたビザ写真作成ツールがお勧めです。最近、アメリカのパスポートやビザに使用されている写真は、すべて機械で読み取り可能なものでなければなりませんが、それを検証するのに機械よりいいものがないじゃないですか?私たちのソフトウェアにアップロードされたすべての写真は、人工知能技術によって自動的に検証され、正しいか正しくないかをマークします。これは完全に無料です。写真をダウンロードしたいの完璧に仕上げられた写真のみお支払いいただきます。プレビューはすべて無料です。

印刷したい写真またはビザ申請に使いたい写真を決めました後、何度でも使用できるテンプレートを注文することができます。ビザ申請用の写真を数秒で作成するために必要なものはいくつかあります。

  • スマートフォン、タブレット、デジタルカメラ(ウェブカメラは不可)
  • このビザ申請用写真の必要条件やコツをまとめたハンドブック
  • カメラマン(ご友人やご家族でも可、三脚も大丈夫)
  • オンラインビザ写真作成ツール

米国ビザ用写真の要件

ビザ用写真を自分で準備する際には、サイズ、頭の位置、トリミング、背景、顔の表情、眼鏡や補聴器などのアクセサリーの使用可否など、様々な疑問があると思います。また、ドレスコードやヘアスタイルについても気になるところです。私たちはすべての答えをお伝えします!さあ、始めましょう!

アメリカビザ用写真のサイズ(mm、インチ)

アメリカのビザ申請に必要な写真サイズは、2×2インチ(51mm×51mm)で、小さな額縁も認められています。これは、あまり一般的ではない写真サイズなので、知っておいた方がいいです。しかし、もしもそのサイズを忘れてしまったとしても、心配はいりません。私たちのスマートな写真ツールは、自動的に正しい写真のサイズを変更します。

米国ビザ写真のトリミング

顔、鎖骨、肩の上部がすべて写真に見えるように写れなければなりません。重要なことは、頭が中央にあり、写真全体の50-69%を占めることです。目線は下端から28〜35mmの位置にあることです。頭がどの方向にも傾いていてはならず、カメラをまっすぐに見なければなりません。写真は正面から撮るものとし、横顔などは認められません。
どうすれば適切なトリミングができるのでしょうか?簡単です!ビザ写真のトリミングツールを使用するだけです。

色と背景

米国ビザ用写真として認められるのは、カラー写真のみです。背景は常に白かオフホワイトでなければなりません。また、背景には模様や斑点、影などがないことが必要です。自宅で写真を撮りたいけど、後ろに白以外の色の壁があったり、他の物が見えたりした場合はどうすればよいでしょうか?
答えは簡単です!間違った背景を消して、必要な背景に変えることです。「どうやって?」と思うかもしれません。もちろん、私たちの背景削除アプリを使うことで正解です!

影と偽色

アメリカビザ写真には、自然な肌の色を見せなければなりません。そのため、白黒であったり、露出オーバーや露出アンダーであったりしてはいけません。最も自然な効果を得るために、不要な影を避けるために、できれば昼間の光を使いましょう。

私たちのアドバイスこちらです。

  • 窓に向かって写真を撮る
  • カメラと自分の間に2mの距離をとる
  • 光が顔に均等に当たっているか確認する
  • フラッシュを使用しないで。「赤目」と呼ばれる不自然な効果が出てしまい、多くの写真が却下されてしまう

チーズとかは言わないでね!

私たちは写真を撮るときに笑顔になりたいという本能を持っています。エッフェル塔や海辺でポーズをとるときには、それはそれでいいのですが、公式な写真を撮ると、笑顔は許されていません。

米国のビザ書類に必要な生体認証用写真は、犯人の顔写真に見えると言う人もいます。それはおそらく、写真は正面から目をカメラに向けて撮らなければならず、ニュートラルな表情を保たなければならないからでしょう。そのため、少しでも笑ってはいけないです。また、口を閉じて、目を開いてください。笑っている写真やまばたきをしている写真もNGとなります。

目を見せましょう!

アメリカのビザ写真には、撮影された人の目と瞳孔がはっきりと見えなければなりません。つまり、目を開いていなければならないということですが、それだけではありません。髪の毛や眼鏡をかけている場合は眼鏡のフレームなど、目を隠されないことです。

こちらは眼鏡についての詳細です。

  1. 毎日、度付きメガネをかけている場合も、必ずはずしてください。
  2. サングラスや色付きのメガネは禁止されています。
  3. 医療上の理由で外すことができないメガネをかけることは可能です。

3番目のポイントについては、もう少し説明します。米国ビザ用の写真に眼鏡をかけることを正当化する医学的理由とは何でしょうか?例えば、最近眼の手術をしたとか、眼を守るために眼鏡が必要だという理由などです。そのような場合は、医療従事者が署名した診断書を大使館や領事館に提出する必要があります。

いずれにしても、眼鏡が認められたとしても、以下のことを確認しなければなりません。

  • 自分の目がはっきり見えること
  • 眼鏡のフレームで目が隠れていないこと
  • 眼鏡のせいで顔に影ができていないこと
  • 眼鏡のグラスは照り返ししないこと

アメリカのビザ用写真のためのドレスコード

アメリカのビザ用写真の主なルールは1つだけです。それは、軍服や軍服に似たような服装は禁止です。迷彩柄のブラウスやTシャツでも禁止です。AI が「軍服を着ている人」と認識した写真はすべて却下されます。しかし、それ以外は自由に着ていただいて構いません。ただ、いくつかのアドバイスを示します。

  • 自分の写真を気に入ってもらうために、自分に似合う服を着ましょう
  • 背景と対照的な色の服装を着る
  • タンクトップは着ない方がいい、写真では裸に見えてしまう
  • カジュアルな服装、またはエレガントな服装を着る

被り物(ヒジャブ、帽子、ヤップ)などは許可されていますか?

ビザ用の写真に写っている頭にかぶるものが、認められた伝統的な宗教衣装の一部であることを証明できれば、それを許可することができます。そのためには、宗教上の理由でヒジャブ、ヤムルケ、帽子などを着用しているという署名入りの書類を提出しなければなりません。いずれにしても、顔の大部分を覆うニカブはいかなる場合も禁止されています。

また、ヘッドバンドやスカーフ、大きな飾りのついたヘアアクセサリーは、顔が見えなくなる恐れがありますので、写真撮影の前に帽子を脱いでください。また、宗教上の理由で被り物をしている場合でも、顔に覆わないようにしてください。

ヘアスタイル、ヒゲ、ジュエリー、アクセサリー

よく聞かれるのが、おすすめの髪型やヒゲについて問題です。たとえば、「髪を下ろしてもいいですか?」、「ヒゲはどうしますか?」、「顔にピアスをしてもいいですか?」など。

アメリカのビザ用写真では大丈夫なことは以下のようです。

  • 髪を下ろしていても構いません。
  • 髪の毛を下ろし、耳を隠すことも大丈夫です。
  • あごひげや口ひげはOKです。
  • 顔のピアスは、顔が見えなくなったり、照り返ししなくなったりしなければ構いません。
  • 顔の部分に触れない程度のアクセサリーをつけることもいいです。

ヘッドフォンなどの無線機器は着用できません(医療用聴覚機器は例外です)。

米国ビザ用写真を撮るときのよくある間違いとその回避方法

毎年、何千のアメリカビザ申請が却下されています。ビザ申請用写真が間違っていることは、最も多い理由の一つです。では、米国ビザ申請が却下されたり、処理が遅れたりするのを避けるためにはどうすればよいのでしょうか?よくある間違いを身に着けて、自分の写真でそれを犯していないかチェックしてみましょう。

  • 不自然な色使い(写真の露出オーバー、露出アンダー、フィルターの使用)
  • 笑顔や不機嫌な顔
  • 傾いた首
  • 開いた口
  • 干渉(写真のレタッチ、フォトショップ、コンピューターソフトでの加工)

レタッチソフトやアプリを使って写真を修正することは、絶対にしてはいけないことを覚えておいてください。すべての傷や肌の欠点は、現実と同じように見えなければなりません。もちろん、メイクをすることは可能です。ビザ写真をきれいに撮りたい場合は、光を操作してみたり、ファンデーションを使ったり、髪の毛の手入れをしたりしますが、コンピュータのソフトウェアを使って写真に干渉することは絶対にしないでください。

ただし、リサイズ、トリミング、背景の調整ができて、最後に写真をチェックしてくれるプロ用の写真アプリを使うことは可能です。

最後に、写真の有効性と外見の変化について

米国ビザ申請書には、過去6ヶ月以内に撮影された同一の写真を2枚添付する必要があります。既にテンプレートをお持ちの方は、そのテンプレートを使用することができます。その場合は、6ヶ月以内に撮影された写真を添付したのかを確認してください。

ただし、この期間中に外見が大きく変わった場合は、新たに写真を提出する必要があります。髪の毛を切ったり、染めたり、ひげを生やしたりした場合は新しい写真を提出する必要がないです。また、16歳以下の子供は、自然な成長過程で変化したとしても、米国ビザ取得のために新しい写真を提出する義務はありません。しかし、新しい写真が必要となるケースもあります。以下の場合、新しい写真を提出してください。

  • 性転換をした場合
  • 顔の整形手術を受けた場合や、顔に永久的な変形が生じた場合
  • 顔面にタトゥーやピアスを入れたり外したりした場合
  • 体重が大幅に減少または増加した場合

ビザ申請用写真作成アプリ

おめでとうございます!以下の文章をすべて読み、今、自宅で完璧なビザ写真を撮ろうと考えているのではないでしょうか。あるいはオフィスで。あるいは庭でも良いでしょう。このアプリをダウンロードして、1分以内に理想的なビザ用写真を作成することができます。今は、上記の要件を覚えて写真を撮るだけです。私たちはあなたの画像をトリミングし、サイズを変更し、残りのことを行います。

米国ビザ用写真のトリミング&リサイズツール

アメリカのビザ用写真の必要のサイズが51×51mmであることは知っていると思います。しかし、実は、それを覚えておく必要がないです!当社のオンライン写真作成ツールで必要な書類を選ぶと、人工知能が正しいサイズ、適切なトリミング、解像度を考慮してくれます。自分自身のベストショットを選ぶことだけに集中してよいです。選んだ1枚の写真に対してのみ料金が発生します。それ以外の写真は無料です。

背景削除の機能

 私たちのスマート写真ツールは、背景のあらゆる色を作成すできます。写真に他の人や物が写っていても、背景に影があっても、パターンがあっても問題ありません。このオンライン写真作成ツールは、全部変更できます!数秒後、あなたのビザ写真の背景は、必要に応じて真っ白になります。

米国ビザ用写真検証ソフト

ビザ申請書に添付する写真が正しく、当局に認められることを100%確信したいと思いませんか?プロの写真家に頼んだり、インターネットで別のツールを探したりする必要はありません。当社のビザ写真作成ツールは、お客様に100%の満足をお届けできる完全なツールです。すべての写真はAIによって検証され、正しいとマークされていれば、それが本当に正しいことを確信できます。万が一、当社の検証ツールで承認された写真が受け入れられなかった場合は、当社にお知らせくださり、お金を返します。しかし、それは本当に起こったことがないです。私達はあなたに受諾の保証を約束します。

私の近くで米国ビザ写真を得る?書類写真テンプレート

写真を作成して承認すると、その写真のデジタル版をお客様のメールアドレスに送信することができます。お近くのコンビニなどで写真を印刷することもできます。写真テンプレートは複数回使用できます。

米国ビザ申請用写真アプリ(AndroidとiPhone)

お使いのスマートフォンのOSに関わらず、私たちのビザ写真作成アプリをご利用いただけます。iOSだけでなく、Androidにも使用できます。Samsung、LG、Huawei、HTC、Lenovo、Sonyのスマートフォンの場合はGoogle Play Storeから、iPhoneの場合はAppStoreからダウンロードすることができます。

なぜアメリカビザ写真ツールを使う?

もちろん、誰の助けも借りずに、自分でビザ写真を作成することもできます。しかし、それには時間がかかり、多くの場合、不満が残ります。自分で写真のサイズを正確に変更したり、写真をトリミングしたり、不適切な背景をどうにか変更したりしなければならず、最後にはすべてが問題ないかどうかわからなくなってしまいます。そこで、私たちにお手伝いをさせていただけませんか?私たちの写真ツールを使えば、あなたの写真は以下のようになります。

  • 完璧なサイズと切り抜きの写真
  • 写真が必要な背景で作成 
  • 大使館や領事館の承認が得られる
  • 100万枚の写真も撮って、その中からお気に入りの1枚を選ぶことができるので、100%満足できます!

 もちろん、証明写真ボックスを探したり、プロの写真スタジオを予約したりすることもできますが、一部の費用ですぐに手に入る品質なものの方がいいじゃないですか?さらに、今は困難な時代であり、他人との社会的距離を保つ必要があるため、ショッピングモールや街の中心部に行ったり、行列や控え室で待ったりすることは最良のアイデアではありません。

安全を確保し、可能なことはインターネットで行いましょう。アメリカのビザ用写真を正しく撮ることは絶対にオンラインでできます!さらに、面白いかもしれません!衣装や髪型、メイクを変えてみたり、何枚も撮ってみて大丈夫です。何枚撮ってもいいし、注文した分だけ料金が発生します。そして、写真の承認を保証してくれます。これ以上のものはないですよね?

よくあるご質問

❓ 米国ビザ申請用写真のサイズは?

アメリカのビザの写真は、51×51mm(2×2インチ)でなければなりません。頭部が画像全体の50~69%を占める必要があります。

❓ iPhoneで米国ビザ用の写真を撮ってもいいですか?

もちろん!iPhoneだけではなく、すべてのスマートフォンで撮影できます。米国ビザ用写真の要件に沿って写真を撮って、オンライン写真作成ツールにアップロードすれば、完成です。

❓ 米国ビザ写真のサイズを変更するには?

一番良い方法は、オンラインの写真のリサイズ・トリミングツールを使うことです。サイズに関する要件を知る必要もなく、すべてのプロセスが自動化されています。
一般的にはダメです。たとえ毎日かけていても、眼鏡は外さなければなりません。医療上の理由で外すことができない眼鏡のみが許可されます。サングラスや色付きのメガネはいかなる場合も使用できません。
医療上な理由でメガネが必要な場合は、メガネをかけることができます。例えば、最近眼の手術を受けた場合や、医師が眼の保護のために眼鏡をかける必要があると認めた場合などです。このような場合は、医療従事者の署名入りの診断書を提出してください。
ダメです。スマホやデジタルカメラでビザ写真を撮るのはできますが、高品質の写真用紙に解像度よく印刷しなければなりません。インクプリンターはこのプロセスに適した機器ではありません。
近所の写真ボックスや写真館を利用することもできますが、ご自宅でご自身で写真を作成することの方がいいです。ただスマートフォンだけ完成できます。当社のビザ写真作成ツールをGoogle Play StoreまたはAppStoreからダウンロードしてください!
ビザ申請書に添付する写真は、6ヶ月以内のものでなければなりません。
あなたの宗教団体で必要とされているという署名入りの手紙を提出すれば可能です。また、頭にかぶるもの(ヤムルケや帽子など宗教上の理由で使用される別の服装の場合もあります)は、顔が見えなくならないように注意してください。
ダメです。アメリカのビザ用写真は生体認証用の写真でなければならず、ここではニュートラな表情が求められます。
顔写真を見たことがありますか?似たようなものです。 カメラをまっすぐ見て、顔の筋肉をリラックスさせ、口を閉じなければなりません。
ダメです。自分の写真を不合格にしたくない場合は、絶対にしないでください。コンピュータソフトやインターネット上のフィルターによる加工は、写真として認められません。
いいですよ。。化粧をしても構いませんし、化粧が好きな方にはお勧めします。ただし、ビザ用の写真は、あなたの自然な肌の色と顔の特徴を反映したものでなければなりませんので、大げさにしないでください。
はい、できます。米国のビザ用写真には、髪型に関する規定はありません。耳を見せる必要はありませんが、髪の毛で目や顔が見えなくならないように注意してください。
基本的にはありません。軍服や軍服のようなシャツでない限り、好きなものを着てください。迷彩柄以外の色はすべてOKです。

ドキュメントについて

書類について

米国ビザとは?

米国ビザとは、米国に入国しようとする外国人に発行される書類です。すべての外国人がアメリカの国境を越えるためにビザを必要とするわけではなく、米国ビザ免除国が沢山あります。米国ビザは必ず旅行者のパスポートに入れられ、いくつかの個人情報とパスポート所持者の生体認証写真が含まれている。どんなビザでも有効期限があり、それ以降米国に滞在すると禁止されています。ビザを無くしたり、許可された期間を超えて滞在したりすると、米国移民局とトラブルが発生する可能性がありますのでご注意ください。

ビザなしで米国に旅行する(Visa Waiver Program VWP)

特定の旅行者は、ビザなし渡航の条件を満たしていれば、ビザなしでアメリカに行くことができます。

ビザ免除プログラム(VWP)は、米国連邦政府のプログラムで、39カ国の国民が観光、ビジネス、またはトランジットのために最大90日間、事前にビザを取得しなくて渡米することを認めています。以下の国はビザ免除プログラムに参加しています。

  • アンドラ
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ブルネイ
  • チリ
  • チェコ共和国
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • アイルランド
  • イタリア
  • 日本
  • ラトビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マルタ
  • モナコ
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • サンマリノ
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • 韓国
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • イギリス

その他の国の国籍の方が米国に入国する場合は、通常、まずビザを取得する必要があります。

米国ビザの種類

米国には20種類以上の非移民ビザがあり、移民ビザにはさらに多くの種類があります。米国に一時的に旅行したい場合は、幅広い種類の非移民ビザの中から選べます。その他のビザは、米国に永住する人のためのビザです。必要なビザの種類は、あなたの旅行の目的によって決まります。観光、訪問、家族や友人に会うなどを目的とする場合は、B-2カテゴリーの観光ビザを取得します。あなたの目的に最適なのは、出張(商用)・観光ビザというビザです。

アメリカ国境での入国審査

ビザを持っていても、アメリカへの入国を保証するものではありません。ビザは、外国人が米国の入港地に行くことだけを許可するものです。ここには国土安全保障省の米国税関・国境警備局(CBP)の入国審査官がいて、米国への入国を許可したり拒否したりします。つまり、パスポートに有効なビザを持っていても、国境(空港や陸路の国境)から戻される可能性があるということです。

出張(商用)・観光ビザ

訪問者ビザは非移民ビザで、一般的には、ビジネス、観光、医療、またはこれらの目的の組み合わせで一時的に米国に入国するために使用されます。もし、あなたの旅行の目的が休養であるならば、出張(商用)・観光ビザが適切でしょう。休養目的とは、具体的にどのようなことでしょうか?以下の活動を見てみてください。

  • 観光・娯楽
  • 友人・親戚訪問
  • 休憩
  • 医療行為
  • 友愛的な活動
  • 社会的、奉仕的な活動
  • 報酬を受け取らないアマチュアによる音楽、スポーツ、その他のイベントやコンテストへの参加

この種のビザでは、米国滞在中にできない活動があることを覚えておいてください。勉学、就職、有料でのプロのパフォーマンス、船や飛行機の乗組員としての滞在などはできません。そのため、そのような目的で渡米する場合は、別のカテゴリーのビザを申請する必要があります。

ビザ申請の手続き

ビザの申請にはいくつかのステップがあります。これらのステップの順序や完了方法は様々であり、プロセスを決定するのは大使館または領事館です。いずれにしても、最初のステップは必須書類の収集です。大使館や領事館には、以下の書類が必要となります。

  • 米国到着予定日から6ヶ月以上の有効期限があるパスポート
  • あれば、過去に所持していたパスポート
  • パスポート用写真1枚(デジタルおよびハードコピーが必要です。)
  • ビザ申請センターで押印されたビザ申請確認ページ 
  • 料金支払いの証明書
  • 面接予約票の印刷

スポンサーからの書類の提出を求められる場合もあります。これは、米国に住んでいる子供、親戚、友人が旅行のスポンサーになっている申請者の場合です。

最後のステップは、ビザ面接のアポイントメントを取ることです。大使館や領事館に直接出向く必要があります。あなたの国にそのような手段がない場合や、一時的に別の国に滞在する場合は、別の米国大使館または領事館で面接の予約を取ることができます。住んでいる国以外でビザを取得するのはより難しいかもしれませんが、可能性はあります。

面接予約の待ち時間は、季節やビザの種類によって大使館ごとに異なります。早めにビザを申請することをお勧めします。より良い計画を立てるためには、最寄りの大使館や領事館に電話して待ち時間について相談してください。

ビザの有効期限の延長

ビザには、滞在期間、入国可能な日、許可された訪問回数、そしてもちろん有効期限の制限があります。一般的には、この期日までに米国を出国しなければ、米国の移民局があなたのことに注目し始めます。期限内に米国を出国しないと、国外追放となり、将来にビザが取得できなくなる可能性があります。

米国に長く滞在したいために重要な理由がある場合は、アメリカ合衆国市民権・移民局(USCIS)にお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?

評価: 4.83 - 投票数:12