アメリカ・グリーンカード申請用写真

アメリカ・グリーンカード申請用写真

完璧な証明写真を撮りましょう

何を得ますか?

時間とお金の節約 - 家に居ながらにしてド証明写真を撮れます

便利さ
数秒でデジタル写真をゲットできて、またはプリントアウトをご自宅にお届けします。
プロフェッショナルサービス
7年間で100万人以上の方にご利用いただきました。
受け入れの保証
写真が当局によって拒否された場合は、お支払いいただいた金額の2倍を返金いたします。
満足保証
写真は好きなだけ撮影して、満足したときにのみ料金を支払います。
National Geographic
Forbes
Puls Biznesu
Glamour

グリーンカード写真-サイズと規定

グリーンカード用写真
サイズ
幅: 2 in
高さ: 2 in
解像度
300 dpi
画像パラメータ
  • 頭の高さ: 1.29 in
  • 写真の下から目まで: 1.18 in
オンライン申請に適していますか?
はい
印刷は可能ですか?
はい
背景色

写真の正しい撮り方とは?

体とカメラの距離
1
体とカメラの距離
姿勢:まっすぐ
姿勢:まっすぐ
2
姿勢:まっすぐ
顔の全面に均等に照明を当てること
顔の全面に均等に照明を当てること
3
顔の全面に均等に照明を当てること

グリーンカード写真のガイドライン

グリーンカード写真の基準を知っていますか? 間違って撮影された写真は、アプリケーションと同様に自動的に拒否されますので、注意してください。このガイドでは、DVプログラムに当選される可能性を高める適切なDVプログラム抽選写真を撮る方法を説明します。グリーンカード抽選に必要な写真を加工できるアプリを紹介します。このアプリでも他の証明写真をオンラインで撮影できたり、基準に合わせて自動調整してくれます。

グリーンカード写真の基準とDVプログラム自体を知っていれば、申請は確実に当選されます。 間違いをすることを心配する必要はありません。もっと知りたいなら、以下のグリーンカード写真のガイドラインをご覧ください。

グリーンカード抽選写真の基準

アメリカのグリーンカードを申請するには、自分や配偶者、そしてすべての子供たちの最近の写真を含める必要があります。グリーンカード写真過去6か月以内に撮影されたものであり、現在の外観を反映するべきです。すでに米国市民または法定居住者である配偶者や子供の写真を含める必要はありませんが、含める場合でも、大丈夫です。 写真はデジタルでアップロードする必要があります。デジタル画像またはスキャンの方も許容されます。

E-DVのサイトのフォトレビュー機能を使用して、グリーンカード写真の適格性をチェックできます。 また、写真の構成の情報と許容できる写真や許容できない写真の例もあります。

DVプログラム抽選写真を作成する時は、写真の基準(構成的および技術的)に精通しないとなりません。写真に焦点が合っている必要があります。米国国務省はグループ写真を受け付けていないので、個人写真を撮って提出する必要です。 写真が何らかの形で改ざんされているか、要件を満たしていない場合、ビザ申請が拒否される場合もありますのでご注意ください。 また、前年度にアップロードしたものと同じ写真をアップロードすると失格になります。

グリーンカード写真の規定

  • 自然な表情であること
  • カメラに向かって真正面で顔全体が含まれていること
  • 普通の服装であること。 贅沢な服装や制服は、写真の拒否になります。 ただし、宗教的な衣服は大丈夫です。
  • 背景は無地の白またはオフホワイトであること
  • 眼鏡、ヘッドホン、その他のアイテムは着用しないこと
  • グリーンカード写真は、過去6か月以内に撮影されたこと

基本的に、グリーンカード写真を撮る時は真正面を向いてください。 他の人が見えないようにしてください。背景の規定は異なりますが、ほとんどの場合、無地でモノクロである必要です。通常は明るい色ですが、背景が青または濃い青で規定されている場合もあります。眼鏡と頭のかぶりものに関する規定は通常同じです。つまり、帽子と眼鏡なしで撮影されます。ただし、視力が低下している場合でも、眼鏡を外すことができます。眼鏡が光を照り返す、またはフレームが瞳孔を覆っているかもしれませんので、眼鏡を外せば、写真が拒否される可能性を最小限に抑えることができます。

グリーンカード写真の構図規定

  • 申請者の頭はカメラに真っすぐ向くこと
  • 頭を上、下、片側に傾けないでこと
  • 頭と顔は、写真の全高の50%から69%の間であること(髪を含む頭の上部から顎の下端まで測定)
  • 目の高さは、写真の高さの56%から69%の間であること(画像の下部から目まで測定)

DVプログラム抽選写真のデータ

  • ファイル形式:JPEG
  • ファイルサイズ:240キロバイト(240 KB)以下
  • グリーンカード用写真は必ず2 "x 2"(51mm × 51mm)であること
  • 画素数:600×600px~1200×1200px(幅×高さ)
  • 画像のサイズ:ピクセルのサイズはアスペクト比が正方形であること(高さは幅と同じであること)
  • 色:写真はカラーであること(ピクセルあたり24ビット)。 24ビットの白黒または8ビットの画像は受け付けられません。

赤ちゃんと新生児のグリーンカード抽選写真

写真に他の人が見えず、子供が目を開けてカメラを見ていると最新の写真です。 ただし、新生児の目が完全に開いていなくても大丈夫です。 顔を手で覆ったり、子供がおしゃぶりをつけたりしてはいけません。

グリーンカード写真加工ツール

グリーンカード申請に必要な写真は、写真撮影店で撮られるだけではありません。DV抽選写真加工ツールを使えば、スマホでグリーンカード抽選用写真を自分で撮ることができます。スマホで撮った写真(自撮り写真も可能)をアップロードできるオンラインアプリです。グリーンカード抽選写真の基準に合わせて、写真を分析されます。 写真が基準を満たしている場合、プログラムは自動的に背景を削除し、申請書に添付できる写真を送信します。

写真が間違っているとプログラムが判断した場合はどうなりますか? その場合は写真がグリーンカード写真の技術的や構成的の基準を満たすまでに、必要に応じて何度も撮影できます。 DV抽選写真加工ツールは、写真が適切であると確認すると、写真の背景を削除してメールで返信します。 簡単にグリーンカード抽選写真が正しく撮影したかどうかをチェックできます。

シンプルで便利、そして最も重要なのは、検証ソフトが組み込まれています。 このソフトのおかげで、申請で写真が拒否されるリスクを回避できます。最新テクノロジーの助けを借りて、申請が承認される可能性が高くなります。

よくあるご質問

❓ グリーンカード写真のサイズは?

グリーンカード写真サイズは2 "x 2"(2x2インチ)で、米国のパスポート写真の標準サイズに対応しています。

❓ グリーンカード用写真はパスポート用写真と同じですか?

グリーンカード写真とアメリカのパスポート写真には、ほぼ同じ資格があります。 どの違いがあると言えば、米国のパスポート写真では眼鏡をかけることができますが、グリーンカード写真では眼鏡をかけるのがダメです。

❓ グリーンカード写真で笑顔してもいいですか?

グリーンカード写真は生体認証写真であるため、表情は自然のままである必要です。 微笑みは許されるかもしれませんが、グリーンカード写真を撮る時は、自然な表情を保つことをお勧めします。

グリーンカードは10年間有効です。 グリーンカードは長い時間に有効あるので良い写真を撮るべきです。このウェブサイトで好きなだけ写真を撮ることができます!

もちろんです! 使いやすい写真加工ツールがあれば十分です! iOSとAndroidで利用できるPhotoAiDモバイルアプリをダウンロードするか、Webサービスを使用するだけで完成です。 自撮り写真を撮り、10秒いないでグリーンカード写真を取得できます!

はい。 表情は自然でなければなりません。 したがって、笑顔したり、少しでも笑ったり、不機嫌な表情をしないでください。

DV抽選写真には、明るくニュートラルな背景が必要です。影が見えないように注意してください。

はい、グリーンカード写真に眼鏡をかけると許可されていません。 2016年11月1日をもって、グリーンカード抽選の写真で眼鏡をかけることはできなくなりました。 つまり、写真を撮る前に眼鏡を外す必要があります。 これはサングラスと処方眼鏡の両方に当てはまります。

グリーンカード写真で頭を覆うことは一般的に許可されていません。 顔が完全に見える事になります。 スカーフ、帽子、その他の被り物は顔を部分的に覆うことができます。 宗教的な被り物は、宗教的共同体に属することの象徴であるので、例外です。 顔は前頭部から顎まで見えるなら、グリーンカード用写真を撮っている間は宗教的な被り物を着用できます。それ以外は、移民多様化ビザの申請は拒否されます。

はい。 スキャンした写真を受け付けます。 ただし、スキャンしたグリーンカード写真が満たすべき要件があります。 まず、デジタル写真のすべての要件を満たすことであります。 次に、DV抽選用に印刷された写真は、300dpiの解像度でスキャンする必要です。 第三に、スキャンポイントが写真に表示されないことです。

グリーンカード抽選の応募について米国当局からフィードバックを受け取らないので、写真の正確性を自分で確認する必要があります。 米国国務省のサイトには、グリーンカード抽選のために正しく撮影された写真の例が掲載されています。 DV抽選写真加工ツールを使用して写真を確認することもできます。

写真が米国当局によって要求された基準を満たしていない場合、申請者は失格となり、DVプログラム申請はグリーンカード抽選の対象とは見なされません。

グリーンカード写真には、米国のパスポートや米国のビザの写真と同じ要件が適用されます。 したがって、グリーンカード写真は、いわゆる生体認証写真です。つまり、個々の特質をダウンロードして、迅速で信頼性の高い識別を可能にする写真です。

グリーンカード写真サイズは2 "x 2"(2x2インチ)で、米国のパスポート写真の標準サイズに対応しています。
グリーンカード写真とアメリカのパスポート写真には、ほぼ同じ資格があります。 どの違いがあると言えば、米国のパスポート写真では眼鏡をかけることができますが、グリーンカード写真では眼鏡をかけるのがダメです。
グリーンカード写真は生体認証写真であるため、表情は自然のままである必要です。 微笑みは許されるかもしれませんが、グリーンカード写真を撮る時は、自然な表情を保つことをお勧めします。
グリーンカードは10年間有効です。 グリーンカードは長い時間に有効あるので良い写真を撮るべきです。このウェブサイトで好きなだけ写真を撮ることができます!
もちろんです! 使いやすい写真加工ツールがあれば十分です! iOSとAndroidで利用できるPhotoAiDモバイルアプリをダウンロードするか、Webサービスを使用するだけで完成です。 自撮り写真を撮り、10秒いないでグリーンカード写真を取得できます!
はい。 表情は自然でなければなりません。 したがって、笑顔したり、少しでも笑ったり、不機嫌な表情をしないでください。
DV抽選写真には、明るくニュートラルな背景が必要です。影が見えないように注意してください。
はい、グリーンカード写真に眼鏡をかけると許可されていません。 2016年11月1日をもって、グリーンカード抽選の写真で眼鏡をかけることはできなくなりました。 つまり、写真を撮る前に眼鏡を外す必要があります。 これはサングラスと処方眼鏡の両方に当てはまります。
グリーンカード写真で頭を覆うことは一般的に許可されていません。 顔が完全に見える事になります。 スカーフ、帽子、その他の被り物は顔を部分的に覆うことができます。 宗教的な被り物は、宗教的共同体に属することの象徴であるので、例外です。 顔は前頭部から顎まで見えるなら、グリーンカード用写真を撮っている間は宗教的な被り物を着用できます。それ以外は、移民多様化ビザの申請は拒否されます。
はい。 スキャンした写真を受け付けます。 ただし、スキャンしたグリーンカード写真が満たすべき要件があります。 まず、デジタル写真のすべての要件を満たすことであります。 次に、DV抽選用に印刷された写真は、300dpiの解像度でスキャンする必要です。 第三に、スキャンポイントが写真に表示されないことです。
グリーンカード抽選の応募について米国当局からフィードバックを受け取らないので、写真の正確性を自分で確認する必要があります。 米国国務省のサイトには、グリーンカード抽選のために正しく撮影された写真の例が掲載されています。 DV抽選写真加工ツールを使用して写真を確認することもできます。
写真が米国当局によって要求された基準を満たしていない場合、申請者は失格となり、DVプログラム申請はグリーンカード抽選の対象とは見なされません。
グリーンカード写真には、米国のパスポートや米国のビザの写真と同じ要件が適用されます。 したがって、グリーンカード写真は、いわゆる生体認証写真です。つまり、個々の特質をダウンロードして、迅速で信頼性の高い識別を可能にする写真です。

ドキュメントについて

アメリカ・グリーンカード

グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)とは?

DVプログラム(DV Program, DV Lottery)は、移民分散化プログラム(Diversity Immigrants Visa Program)の総称であり、グリーンカード抽選(green card lottery)としても知られています。これは、「グリーンカード」(green card)として知られている、アメリカの永住権を与えるアメリカの移民プログラムです。グリーンカード抽選は米国国務省によって毎年開催されます。グリーンカード申請は、コンピューターによるランダムな抽選により選出されます。

年度ごとにDVプログラムに応募できる申請者には、限られた時間制限があります。さらに、国務省は毎年、グリーンカード抽選に参加するための詳細な指示と要件を公開しています。そこには、DVプログラムに申し込むことができる登録期間の日付もあります。

申請期間は、DVプログラムを発給許可が出る年度より2年前になりますのでご注意ください。したがって、現在、2021年に、DVプログラム抽選に参加している人々は、2022年ではなく2023年に予定されているビザを申請しています。現在実行中のDVプログラムはDV-2023です。アメリカ・グリーンカードの応募期間は2021年10月15日までで、オンラインで応募する必要があります。

どんな人がアメリカグリーンカードを申請できますか?

過去5年間に5万人以下から米国に移住した国の国民のみが参加できます。現在、以下の国の市民はDVプログラムから除外されています。

バングラデシュ、ブラジル、中国本土、ドミニカ共和国、エルサルバドール、ハイチ、インド、ジャマイカ、カナダ、コロンビア、メキシコ、ナイジェリア、パキスタン、ペルー、フィリピン、韓国、イギリス(北アイルランド以外)とその属領地域・ベトナム

選択できるグリーンカード(多様化ビザ)の割り当ては50.000ですが、1つの国の市民は、この数の7%を超えるはありません。つまり、3,500ビザを超えてはなりません。

国務省は、移民多様化ビザを6つの地域に配分します。特にアジアと南アメリカの居住者が他のビザカテゴリーに代表されることが多いため、ヨーロッパとアフリカは常にDV抽選ビザの数が最も多いです。約80%です。

DVプログラム申請の資格

グリーンカード当選に参加するため、米国国務省によって毎年発行されている多くの資格があります。いくつかの個人情報と正しく撮影されたグリーンカード写真を提供する必要があります。通常、これらは毎年ほぼ同じなので、以下に最も重要な情報を示します。

グリーンカード申請の適格性

DVプログラムに参加できるのは、対象国で生まれた方だけです。最も重要な条件は、適格国の米国への移民率が歴史的に低いことです。

教育と仕事の経験

すべてのDV申請者は、申請規則に定められた教育と仕事の経験を満たす必要があります。ただし、申請者が適格国で生まれていなくても、適格となる方法は他に2つあります。たとえば、申請者の配偶者が適格な国で生まれた場合、配偶者の出生地を主張し、配偶者と同時にグリーンカードを申請することができます。両親の出生地を述べることもできます。DVプログラムの対象となる国の人であれば納得できます。

提出期限

アメリカ・グリーンカード申請者は、プロセス全体を通して期限を守る必要があります。遅れた申請は受け取られず、紙の申請も受け取られないので、注意してください。 提出期間ごとに1つの申請のみを提出することができます。

DVプログラムのオンライン応募

DVプログラムに申し込むには、オンライン申請を完了する必要があります。紙の申請は納得されません。アメリカのグリーンカード申請は無料で、正しく撮影したグリーンカード写真を提出する必要があります。申請書に記入して確認するには、メールアドレスが必要です。確認ページと確認番号を大切に保管してください。 これらは、当選結果を確認できるオンラインシステムへのアクセスを可能にします。また、DVプログラム抽選の応募で提供したメールアカウントへのアクセスを保管してください。

グリーンカードを申請したいならどうすればいい?

グリーンカード申請者は、dvprogram.state.gov のサイトでオンライン申請を完了し、特定の期限内に提出する必要があります。申請書に記入するには、以下の個人情報を準備してください。

  • パスポートとまったく同じ名前(氏名、名字、ミドルネーム)
  • 性別 (男、女)
  • 生年月日(日/月/年)
  • 出生国
  • DVプログラムの対象となる国
  • オンライン提出されたグリーンカード写真と配偶者とすべての子供のオンラインDVプログラム抽選の写真
  • 住所、電話番号、メールアドレス
  • 現在の居住国
  • 現在の教育レベル
  • 現在の結婚歴
  • 子供の数とすべての個人情報

この情報は役に立ちましたか?

評価: 4.81 - 投票数:16