LinkedInのプロフィール写真

LinkedInのプロフィール写真

LinkedInプロフィール用のプロな写真を作る

National Geographic
Forbes
Puls Biznesu
Glamour

LinkedInのプロフィール写真で素晴らしい第一印象を与える

LinkedInのプロフィール写真は、Linkedinプロフィールの中で最も重要な部分の一つです。多くの場合、プロフィール写真は人々が最初に気づくものであり、間違いなくあなたのことを思い出すイメージとなります。見た目で判断してはいけないとよく言っていますが、通常はまさにその通りになってしまいます。プロフィール写真は、将来の雇用主や採用担当者に与える第一印象であり、面接のように、あなたの外見、服装、態度が重要なのです。

もしあなたはもうLinkedinのアカウントを持っていたり、これからアカウントを作ろうとしているのであれば、このガイドを読んで、ユニークで素晴らしいLinkedInのプロフィール写真を準備し、キャリアをアップさせる方法を知っておきましょう

なぜLinkedInのプロフィールに写真を加えるべきなのか?

信じられないかもしれませんが、本に表紙がなかったり、本の表紙が魅力的でなかったりすると、たとえその本が非常に貴重でものであっても私たちはその本を開きません。研究によると、日用品のラベルは、平均的な顧客の購入決定の重要な要因となることが多いそうです。

LinkedInのプロフィール写真にも同じ心理的メカニズムが適用されます。それは、あなたのプロフィールの表紙であり、あなたの業績、スキル、職務経験のラベルでもあります。これが、私たちがSNSのアカウントに写真を載せる理由であり、LinkedInの写真の質が就職活動に影響を与えるかもしれない理由なのです

LinkedInのデータによると、写真のないプロフィールは開かれる頻度が低く、写真のない人からの招待は93%のユーザーに受け入れられていません。つまり、より多くの採用担当者が、プロフィールに写真のある候補者を探すことになります。

なぜ正しいLinkedInの写真をアップロードするのが重要なのか?

プロフィール写真が非常に重要なのは、人間は見た目ですぐに人を判断するという自然な傾向があるからです。リクルーターに限らず、私たちは意識的にも無意識的にも、視覚を使って性格の特徴や特性を読み取っています。だからこそ、プロフィール写真を用意するだけでなく、ポジティブな資質だけを連想させることが重要なのです。

プロフィール写真は、採用担当者にとってのショーケースのようなものですから、良い写真にするためにはかなりの注意を払わなければなりません。そうしないと、毎日何百ものプロフィールを見ている採用担当者が、好ましくない結論を出してしまうかもしれません。

LinkedInの写真で最もよくある間違いは何ですか?

経験豊富なリクルーターにとって、プロらしくないプロフィール写真を一目見ただけで、疑問を感じてしまうものです。私たちは、あなたの写真が自信にあふれ、細部にまで気を配るデジタルネイティブであることを示すために、よくあるミスのトップ5を用意しました。

  • ぼやけていたり、手ぶれしていたり、ピクセル化していたりする写真は、デジタル技術の不足を感じさせます。
  • 背景がカラフルすぎたり、明るすぎたりすると、人物の無頓着さが伝わってしまいます。
  • 照明が均一でなく、顔に影があると、細部にこだわらない人だと思われます。
  • カメラのレンズを直接見ていない写真は、自信がないことを表しています。
  • 肩や頭の上が写っていない写真は、対人関係のスキルが不足している可能性があります。

SNS上の写真は、あなたのことを知らない人にとって第一印象を与える傾向があることを覚えておいてください。プロフィール写真があると、閲覧されたり、メッセージを受け取ったりする可能性がどのくらい高くなるのか、ぜひ読み続いてみてください。

LinkedInプロフィール用のプロな写真を作ろう

LinkedInの調査によると、写真があるだけで、プロフィールが他の人に見られる可能性が14倍になりメッセージを受け取るチャンスが36倍になることが証明されています

したがって、LinkedInでのプロな写真が必須であることは間違いありません。プロフィールの完成度が高まり、閲覧数やメッセージ数が増えるだけでなく、採用担当者に素晴らしい第一印象を与えることができます。

採用担当者の目に留まるチャンスを増やしたり、LinkedInコミュニティの他のメンバーの間でプロフィールの威信を高めたりする写真の撮り方を、もう知っていますか?

正しい背景色を選ぶ

緑色の背景は、その人をより好感が持て、オープンで協力的であると認識させることを知っていましたか?オフィスの背景は、仕事への企業姿勢を表します。一方、背景が青の場合は、30%以上の人が招待状を受け取ってくれます。しかし、芝生や青く塗られた壁を背景にすることもできるので、退屈な均一色でなければならないということではありません。

いい写真を撮るにはフレームが大事

背景はもちろんのことですが、フレームも重要です。写真の中で自分自身を適切に配置しなければなりません。つまり、フレームの中には、頭、首、そしておそらく肩の上部だけが写っていなければなりません。全身が写っている写真をアップロードすると、人はあなたの顔が見えないかもしれません。

適切な顔の表情をしましょう

よく聞かれるのが、「ビジネス写真では笑顔を見せていいですか?」という質問です。はい!そうです。論拠は以下の通りです。

  • 信頼感を高めることができる
  • 親しみやすく、温かい印象を与える
  • 見る人との真のつながりを作ることができます
  • 一緒に仕事をする上で脅威にならないように見える
  • 自信があることを示している

LinkedInの写真はすでにあなたのパーソナルブランドとなっていますので、あなたが働いている業界に関して適切な自己表現をするようにしてください。つまり、あなたの仕事の分野がよりシリアスなものであれば、LinkedInの写真も少しシリアスに見せることができるのです。しかし、通常は笑顔の方が有利です。研究によると、顔の表情だけが異なる2つの同じ顔を選んだ場合、人々は笑顔の顔を好むことが証明されています。

カジュアルでありながらプロフェッショナルな装い

服装を選びながら、面接のように考えてみましょう。LinkedInはプロのキャリアやビジネスのSNSであり、カジュアルなプロフィールではありません。将来の雇用主の候補者として判断されるのですから、服装にはより注意を払わなければなりません。

もちろん、誰かになりきるのではなく、自分らしく、自分の良い面を見せてください。あなたが働いている業界にもよりますが、男性はシャツ、女性はブラウス、またはブレザーやスーツのジャケットなど、どちらも適しています。青や黒などの濃い色の無地で統一されたものを選びましょう。ストライプやドット、柄物、花柄やストラップレスのTシャツなどは似合いません。また、化粧をしすぎたり、アクセサリーをたくさんつけたり、派手なヘアスタイルにしたりしないようにしましょう。

正しいLinkedIn写真サイズをアップロードする

標準的なLinkedInプロフィール写真のサイズは、400(幅)×400(高)ピクセルから7680(幅)×4320(高)ピクセルの間で、頭部がフレームの約60%を占めるようにします。より大きな写真をアップロードしてLinkedInがサイズを変更することもできますが、8MBより大きいファイルはできません。このため、LinkedInが要求するサイズに正確に変更してくれるPassport Photo Onlineサービスを選択することが最善の策となります。

LinkedInには背景画像には許可されていないものがあります。会社のロゴ、動物、言葉、フレーズ、風景などを写真の背景に追加することはできませんので、当社のLinkedIn写真サービスを使ってご自分の写真をアップロードする場合は、禁止されている背景写真をダウンロードしないようにしてください。

プロの写真を撮る

プロとして扱われたいのであれば、あらゆる面でプロであることを証明しましょう。LinkedInのプロフィール写真は、将来の雇用主に最初に評価されるものです。ぼかしたり、模様が入っていたりすると、プロではなく素人のように見られてしまう可能性がありますし、デジタル技術の不足ということも示してしまいます!光に注意してください。フラッシュランプで撮影すると目が赤くなってしまい、プロらしくないので、日中に撮影することをお勧めします。

自宅で上手にLinkedInの写真を撮るには?

写真スタジオに行くのは大変かもしれませんが、完全に無料のオプションを選択して、自宅でLinkedInの写真を撮る方が良いでしょう!

まず、写真を撮ってもらう人を探すや、自分が立つ場所から約3メートルのところに三脚を置きます。その際、光がよく当たる場所で、壁から1mほど離れた場所に立つようにしてください。カメラの方を向いた方が良いですが、頭を少し横に傾けても良いでしょう。厳密なルールはありませんが、自信に満ちた信頼できる社員という印象を与えるために、レンズを直接見るのが良いでしょう。あなたの顔が見えるようにし、表情が適切であることを確認してください。

何枚か写真を撮った後、一番良い写真を選んでLinkedInプロフィール写真作成ツールにアップロードすると、ビジネスアカウント用の完璧な写真を準備してくれます!あなたのキャリアを変えてみませんか?

LinkedInプロフィール写真クリエイターの仕組み

LinkedIn写真メーカーは、非常に簡単で、ほとんどすべての写真をLinkedInのSNSに適したものにすぐに調整します。Passport Photo Onlineのウェブサイトを開き、LinkedInのプロフィール写真の撮り方のヒントに従ってください。

以下の3つのステップで、当社のLinkedIn写真ツールがどのように機能するかをご覧ください。

  1. 写真をアップロードします。
  2. 背景の色は、当社のウェブサイトで公開されているものから選ぶか、自分のものをアップロードしてください。LinkedIn写真ツールは、元の背景を削除して、自分の背景に置き換えることができます。
  3. LinkedInの写真をダウンロードして、あなたのLinkedInプロフィールに直接追加しましょう!

この情報は役に立ちましたか?

評価: 4.56 - 投票数:9