マイナンバーカードの顔写真

マイナンバーカードの顔写真

完璧な証明写真を撮りましょう

何を得ますか?

時間とお金の節約 - 家に居ながらにしてド証明写真を撮れます

便利さ
数秒でデジタル写真をゲットできて、またはプリントアウトをご自宅にお届けします。
プロフェッショナルサービス
7年間で100万人以上の方にご利用いただきました。
受け入れの保証
写真が当局によって拒否された場合は、お支払いいただいた金額の2倍を返金いたします。
満足保証
写真は好きなだけ撮影して、満足したときにのみ料金を支払います。
National Geographic
Forbes
Puls Biznesu
Glamour

マイナンバーカードの顔写真のサイズと要件

マイナンバーカードの顔写真
サイズ
幅: 35 mm
高さ: 45 mm
解像度
600 dpi
画像パラメータ
  • 頭の高さ: 34.5 mm
  • 写真の上から髪の毛の上まで: 3 mm
オンライン申請に適していますか?
はい
印刷は可能ですか?
はい
背景色

写真の正しい撮り方とは?

体とカメラの距離
1
体とカメラの距離
姿勢:まっすぐ
姿勢:まっすぐ
2
姿勢:まっすぐ
顔の全面に均等に照明を当てること
顔の全面に均等に照明を当てること
3
顔の全面に均等に照明を当てること

日本のマイナンバーカード用写真

日本でマイナンバーカードを取得するには、デジタル生体認証写真を撮影する必要があります。マイナンバーカードの写真は、写真スタジオで撮って貰わなくても自宅でスマホを使って簡単に撮ることができます。必要なものは、デジタルカメラとオンラインフォトエディターを備えたスマートフォンだけです。

Passport-Photo.onlineをご利用頂く事で、家出せずに写真を撮影できるので、時間とお金を節約して心ゆくまで好きなだけ写真を撮ってテストすることもできます、そして自分が気に入った1枚だけに対して支払いを行います。写真スタジオにはこのオプションはありません。マイナンバーカード用のデジタル写真を数秒で手に入れることができるので、非常に便利です。会社として、当社は写真が要件に適合している事を保証し、何らかの理由でフォトジェネレーターを使用して撮影した写真が拒否された場合、全額返金を行っています。

このチュートリアルでは、日本のマイナンバーカード用のデジタル写真に関するすべての要件を学び、スマートフォンで完璧なデジタル写真を作成し、実際に使用することができます。

日本のデジタルマイナンバーカード写真-要件

マイナンバーカードに使える有効な写真を撮るには、生体認証写真に関する正式な要件に準拠する必要があります。これは、マイナンバーカードの申請には顔の最も重要な生体認証部分をすべて引き出すような方法で作成された特別な写真である必要があるためです。しかし、心配する必要はありません。マイナンバーカード用の生体認証写真を撮るのは皆さんが思っているより簡単であり、スマートフォンで写真を撮り、アプリケーションまたはオンラインエディターを使えば要件に合致しているかどうかを確認できます。最も重要なことは要件に従うことです。ここからは写真の特定要件を満たすためのポイントアドバイスを解説します。

一般的な要件

  • 最新-日本のナンバーカードの写真は、申請日から過去6か月以内に撮影されたものでなければなりません。過去数か月で外見が大幅に変わった場合は、新しい写真を提供する必要があります。
  • 高品質-写真に傷がついていたり、ぼやけたりしてはならず、高品質の写真用紙に印刷された写真を提供する必要があります。また、写真を曲げたり、書きこみをすることも禁止されています。
  • 外見を正確に表示-写真はいかなる方法でも編集することはできず、実際の外見を正確に反映している必要があります。実際の色以外の色で提出された画像は却下されます。
  • 生体認証写真-マイナンバーカード用の写真は、要件に従って撮影された生体認証写真でなければなりません。

サイズ、寸法、クオリティ

マイナンバーカード用の写真は35x 45 mm(幅x高さ)です。高品質の画像を印刷するには、写真が適切な品質と解像度でなければならず、最低400 dpi(可能であれば600 dpi)解像度のデジタルファイルとして提供する必要があります。ファイル自体はJPG形式で、ファイルサイズが500kBを超えないようにする必要があります。ファイルは、ペンドライブなどで直接配信できます。

マイナンバーカードの写真は、カラー写真かつピントが合っている必要があります。自分で写真を撮る際は、画像を安定させるために三脚を使用する事が推奨されます。写真のコントラストも非常に重要であり、撮影された人物は、背景からはっきりと目立つ必要があり、実際の色以外の色を使った写真は許可されていません。

フレーム

フォトフレームは、髪の毛、首、上腕を含む頭全体を含めていなければならず、頭はフレーム中央にあり、目は写真の横軸と同じ高さである必要があります。頭のサイズとあごから額までの位置は32mmから36mm、写真の上部から髪の毛の上部までの距離は3mmである必要があります。写真はオフィスでトリミングされるため、頭の周りに空白スペースを残すことが推奨されます。ただし、このプロセスは絶対に自分でやらないようにしてください。35 x 45 mmのサイズは、オンラインエディターとアプリケーションを使用して正確に取得することができます。

背景と照明

背景は明るく均一でなければならず、可能であればライトグレーまたは白である必要があります。装飾(たとえば、柄付きの壁紙をバックにして写真を撮ることは禁止されています)やその他のオブジェクトがフレーム内にあってはなりません。ただし、Passport-Photo.onlineを使用する場合は、写真の背景が正しいことを心配する必要はなく、当アプリとオンラインエディターが背景を自動的に削除します。

マイナンバーカード写真の照明は、顔全体を均一に照らす必要があります。顔、首、背景に影があってはならず、過度な露出や露出不足は拒否対象となります。自分で写真を撮る場合は、できれば自然かつ適切に写真をよく照らす必要がありますが、照明を使用することもできます。ただし、反射やフラッシュ、その他の光源の影響のある写真は許可されていません。

写真内の顔

ヘッドは垂直方向の中央に配置する必要があり、顔を前に向けて、カメラのレンズを見てください。頭を横に傾けることはできず、必ず髪の毛の上部までの頭の高さが34.5mmであることを確認してください。

顔の表情は無表情でなければならず、写真に写っている人は口を閉じ、目をはっきりと開いている必要があります。マイナンバーカードの写真で笑顔を作る事は許されていません。写真の被写界深度は、顔の正面(額からあごまで)と顔の両側(耳から耳まで)の両方がはっきりと見えるようになっていなければならず、顔の輪郭と顎のラインが見える必要があります。耳が完全に見えている必要はありませんが、髪の毛は後ろに流しておく方が間違いありません。

眼鏡とヘッドギア

マイナンバー用の写真では矯正眼鏡をかけることができますが、眼鏡により目が覆われていないかどうかを確認する必要があります。目と眼鏡フレームの間にスペースがなければならないため、厚いフレームの眼鏡は避けてください。レンズの反射は禁止されており、サングラスと色付きメガネも拒否対象になります。目は、特に虹彩の色、目の間の距離とその形状など、写真内で完全に見える必要があります。

マイナンバー用写真で帽子(野球帽、ベレー帽、ニット帽、その他帽子)は一般的に着用することができません。宗教的または医学的な理由によるヘッドギアのみが許可されています。 写真に宗教的なスカーフや帽子を含めることができるようにするには、宗教コミュニティからの声明を提出する必要があります。さらに、宗教的ヘッドギアは、顔に影を落としたり、顔の一部を覆い隠したりしてはなりません。イスラム教徒のスカーフを着用する場合は、顔の輪郭を明確にするために折り返す必要があります。

ヘアスタイルとメイク

髪型に特別な要件はありませんが、唯一の要件として髪が顔(眉毛と頬)を覆わないことという点が記載されています。前髪が眉毛を覆っている場合、前髪を横に流して完全に目が見えるようにします。また、ヘッドバンドやその他髪飾りを着用しないことが推奨されています。

写真内のメイクは問題ありませんが、日常の見た目を反映していなければなりません。毎日着用しているメイクをするのが最適です。その場合であれば、税関職員による空港での認識に関する問題はありません。濃いメイクやまぶしいようなメイクは避けてください。自然であればあるほど最適です。また、メイクに関しては、皺、強いしわ、傷跡などの個人的特徴を過度に覆い隠することはできません。その場合、法的要件を満たしていないとされ、拒否されてしまう可能性があります。仮に写真が検証プロセスに合格したとしても、空港や国境管理で問題が発生する可能性が高まります。

服装

マイナンバーカード用の写真を撮影する時は、カジュアルな服装を着用してください。ただし、制服や軍服は着用しないでください。薄手のシャツが最適ですが、背景と混ざり合う可能性のある薄すぎる色は避けてください。背景は明るい灰色である必要があります。同色のシャツは背景に溶け込み、必要要件であるコントラストを乱すため、着用しないでください。 さらに、パーカーなどの過度にスポーティな服を着用しないことをお勧めします。

よくある間違い

皆さんはマイナンバー用の写真を撮影する際によく発生する間違いをご存じですか?ここからは、間違いの中でも最も重要なものについて簡単に説明します。写真が拒否されるリスクを冒したくない場合は、絶対に以下の点に注意してください。

真っ直ぐ向いていない写真

真っ直ぐ向いていない写真は拒否されます。直立して前を向いた状態で写真を撮りましょう。

過度な露出/露出不足の写真

写真は高品質で、顔が明るく、背景と撮影者のコントラストが見える必要があります。

写真内で笑顔

生体認証写真では、少しでも微笑むことはできません。笑顔は顔の特徴を歪めます。マイナンバーカードの写真では、無表情でなければなりません。

白シャツ

白いシャツは白い背景に溶け込み、写真にフライングヘッド効果が生じる可能性があるため、明るすぎる服は避けてください。

顔が隠れている

宗教的な理由で頭飾りやスカーフを着用した状態の写真が許可されている場合でも、完全に顔を露出する必要があります。スカーフで頬やあごを覆ってはなりません。

横を見ている

生体認証写真では、目線がレンズをしっかり見ている必要があります。

写真の編集

写真は自然な肌、髪、目の色を含み、実際の外見を反映している必要があります。グラフィックプログラムで画像を編集したり、画像にフィルターを適用したりすることはできません。

スマートフォンで写真を撮影

スマートフォンでマイナンバーカードの写真を撮ることはできるのでしょうか。はい、可能です。高解像度写真をキャプチャするデジタルカメラを備えた任意のデバイスで写真を撮ることができます。最近まで私たちは、プロの写真スタジオや市内の写真ブースでID写真を撮影していましたが、新型コロナウイルスによる制限により、ますます多くのタスクをテクノロジーに委ねることを余儀なくされています。これは証明写真に関しても同様です。

そのような理由から、写真ジェネレーター(アプリケーションまたはオンラインエディター)を使用してスマートフォンを作成する人が急増しています。この方法を使用すれば、マイナンバーカードの正しい写真をすばやく、安価に、簡単に作成し、印刷したり、デジタル形式でアプリケーションに添付したりできます。ジェネレーターは、生体認証写真の要件の観点から写真の正確さを評価できるため、写真が拒否されるリスクを最小限に抑えられます。

スマートフォンでマイナンバーカード用の写真を撮影する方法

三脚を使いましょう

誰か他の人に撮影してもらうか、スマートフォンを三脚にセットし、三脚を約40cm離れた平らな面に置いてください。これにより、写真が鮮明に保たれ、顔の自然なプロポーションを再現することもできます。くれぐれも自撮りはしないでください!自撮り写真は顔のプロポーションを大きく乱します、最適なフレームを得るためには、スマートフォンを顔から40cm離す必要があります。

照明設定

スマートフォンでマイナンバーカード用の写真を撮る場合、照明は最も難しい側面と思われがちですが、実はシンプルに設定することができます。窓の前に立ち、自然の光を浴びてください。特に朝の時間が最適であり、顔が全面均等に照らされていることをチェックしてください。追加で光源が必要な場合は、ランプを使うこともできます。

ポーズ・姿勢

要件に沿ってカメラの前に立ち。 表情を無表情に保ちます。好きな写真を数枚撮り、自分が思う最高のショットを選んでください。服装や髪型は様々なものを試すことができます。この写真は今後10年間使われることを覚えておいてください。

アプリの使用

iPhoneまたはAndroidデバイスでモバイルアプリケーションを起動します。ブラウザを使用している場合は、オンラインフォトジェネレーターを使用してください。写真を含むファイルを読み込み、ソフトウェアが写真を検証するまで待ちます。プログラムは、背景を削除し、写真を正しいサイズにトリミングします。そして数秒後、ファイルの準備が整います。

Passport-Photo.onlineの仕組み

Passport-Photo.onlineは、iPhoneとAndroidアプリおよび、Webブラウザで動作するオンラインフォトエディターです。人工知能を利用してマイナンバーカード用の写真に使える最新の写真ジェネレーターであり、使い方は非常に単純です。写真ファイルをアップロードすると、プログラムが正確性をチェックし、写真が正式な要件を満たすように準備します。最終的にメールアドレスに完成したファイルが送信され、選択したオプション(デジタル写真または印刷写真)に応じて、申し込み準備ができたファイルを受け取ります。

サイズのトリミング

Passport-Photo.onlineでは写真ファイルを正しいサイズにカットすることができるツールです。この機能により、間違ったサイズの写真を役所に届けることはなくなります。当社のアプリとフォトジェネレーターは、ファイルが高品質の印刷に必要な適切な解像度(600 dpi)であることも保証します。

背景削除

Passport-Photo.onlineオンライン写真ジェネレーターアプリでは、背景を削除することができます。サービスの種類に応じて、ソフトウェアが適切な背景を提供します。まず写真から背景を削除してから、要件に沿って白またはライトグレーの背景に置き換えます。

フォトチェッカー

当社のiPhone / Androidアプリとオンラインフォトジェネレーターは、フォトチェッカーまたは検証ツールとしても機能します。つまり、マイナンバーカードの要件に沿って写真を検証することができます。撮影された写真が、マイナンバーカードの生体認証に準拠しているかどうかを評価する最新テクノロジーを使用しています。たとえば、顔の輪郭が見えるかどうか、髪の毛が顔を覆っていないかどうか、写真に影があるかどうか、目が見えるかどうか、口が閉じているかどうかなどをツールがチェックします。これにより、 申請が認証されるのを保証します。

よくあるご質問

💡 日本のマイナンバーカード写真は生体認証写真ですか?

はい、日本のマイナンバーカードの申請には生体認証写真を添付する必要があります。

💡 マイナンバーカード用の写真のサイズはどれくらいですか?

35 x 45 mm(幅x高さ)です。

💡 マイナンバーカード写真用のデジタルファイルの解像度はどれくらいですか?

600 dpiです。

JPG形式で、ファイルサイズは500kB以下でなければなりません。

はい、マイナンバーカードなどを含む証明写真は、どこでも簡単かつ迅速に撮ることができます。最も簡単な方法は、モバイルアプリケーションでフォトジェネレーターを使用することです。

Passport-Photo.onlineは、どのオンラインフォトジェネレーターよりもはるかに高度に機能するツールです。ウェブサイトやアプリケーションを通して使用する場合、どんな背景でも写真を撮り、均一に光を顔に照らすことだけで、後は全てソフトウェアが処理します。

  • 顔の位置を確認
  • 影のある背景を削除
  • 写真を正しいサイズにトリミング
  • 写真を正しい形式で保存

マイナンバーカードの写真は、頭をフレームの中央に入れることはできず、頭全体(髪の毛を含む)、首、上腕がフレームに写っている必要があります。

申請日から過去6ヶ月以内に撮影された写真である必要があります。

いいえ、写真は最新のものである必要があります。過去6ヶ月前より前に撮影された写真を使用することはできません。

はい、USBデジタルメディアに保存されたデジタル写真を使用することができます。当社のウェブサイトまたはアプリケーションを使用して写真を作成し、USBドライブに保存することができます。

いいえ、写真はカラーで、自然色である必要があります。実際の色以外の色を使った写真は許可されていません。

背景は均一である必要があり、背景と写真の人物の間に明確なコントラストを作成するために、可能であれば水色、ベージュ、薄茶色、薄灰色、または白色が推奨されます。

髪の色を変えるのは問題ありません。

いいえ。目を開いて口を閉じた状態で、無表情である必要があります。いかなる種類の表情を作るのも許可されていません。

目の自然な色が変わらないのであれば、コンタクトレンズを着用することができます。

マイナンバーカード写真において、k賞は許可されていますが、写真に写っている人物が認識できるように、少な目のメイクである必要があります。

いいえ、髪が目、頬、鼻を覆っていない限り問題ありません。

いいえ、どんな色の服でも問題なく着ることができます。ただし、背景に溶け込み、写真に必要なコントラストが乱れる可能性がある為、明るいグレーや白色以外の服装が推奨されます。

口紅は、身体的特徴を覆わない限り許可されていますが、濃すぎる口紅の使用は推奨されません。

はい、可能です。ただし色付きレンズ付きのメガネは許可されておらず、レンズは透明でなければならないことを覚えておいてください。目がはっきりと見えるようにし、眼鏡フレームが目を覆うことがないようにしてください。

マイナンバーカードは公式文書ですので、きちんとした日常着の着用をお勧めします。ラグジュアリーな服や制服は、拒否される原因となる場合があります。

宗教上の理由を除いて、ヘッドギアの着用は許可されていません。そして宗教上の理由で会っても顔をはっきりと見せなければならないことを忘れないでください。

ドキュメントについて

日本の個人番号カード

日本のマイナンバーカードは、ICチップが入ったプラスチック製カードです。カードには、名前、苗字、住所など持ち主の個人情報が含まれています。このカードは、身分証明として使用でき、さまざまなオンラインアプリケーションや公共サービスにも使用できるため、外国人居住者にもさまざまな利便性を提供できます。

マイナンバーカードの特徴

  • 個人番号を証明するカードとして機能
  • 公式の身分証明書として機能
  • オンラインアプリケーションにおけるさまざまな管理手順の識別子として機能
  • 印鑑カード、図書館カード、健康保険カード、多目的カードなど、さまざまな公共サービスに対応
  • さまざまなオンライントランザクションに使用
  • コンビニエンスストアでさまざまな証明書を受け取るために使用

日本の個人番号カード申請について

住所を登録するために最寄りの役所に行った後、マイナンバーカード番号が作成されます。番号を知りたい場合、役所に問い合わせることができます。しばらくすると、申請書と追加の封筒とともに、通知カードが自宅に届き、マイナンバーカードに関する詳細は通知カードに記載されています。

申請書を提出すると、マイナンバーカードが完成し、受取できるようになったことを通知する別の通知書が届きます。証明写真(運転免許証、パスポート、在留カード)、通知カード、番号情報が記載されたカードの準備ができたことを知らせる通知はがきを持って役所へ出向きましょう。

申請書の提出に必要な書類

  • 他の写真付き身分証明書
  • 紙または電子形式(USB)の写真1枚
  • 記入済みの申請書
  • マイナンバーカードの支払い証明書

有効性

マイナンバーカードの有効期間は最長5年です。有効期限が切れると、コンビニエンスストアで書類を発行するためにマイナンバーカードを使用することはできません。誕生日の3か月前に、更新申請プロセスを開始することができます。

この情報は役に立ちましたか?

評価: 4.92 - 投票数:13