履歴書の写真

履歴書の写真

完璧な証明写真を撮りましょう

何を得ますか?

時間とお金の節約 - 家に居ながらにしてド証明写真を撮れます

便利さ
数秒でデジタル写真をゲットできて、またはプリントアウトをご自宅にお届けします。
プロフェッショナルサービス
7年間で100万人以上の方にご利用いただきました。
受け入れの保証
写真が当局によって拒否された場合は、お支払いいただいた金額の2倍を返金いたします。
満足保証
写真は好きなだけ撮影して、満足したときにのみ料金を支払います。
National Geographic
Forbes
Bloomberg
Glamour

履歴書の写真-サイズ、服装、髪型などに関する要件

履歴書の写真
サイズ
幅: 30 mm
高さ: 40 mm
解像度
600 dpi
画像パラメータ
  • 頭の高さ: 30 mm
  • 写真の上から髪の毛の上まで: 2.5 mm
オンライン申請に適していますか?
はい
印刷は可能ですか?
はい
背景色

写真の正しい撮り方とは?

体とカメラの距離
1
体とカメラの距離
姿勢:まっすぐ
姿勢:まっすぐ
2
姿勢:まっすぐ
顔の全面に均等に照明を当てること
顔の全面に均等に照明を当てること
3
顔の全面に均等に照明を当てること

履歴書の写真の撮り方のコツ

履歴書の写真は、就職活動の過程において、採用担当者のあなたの第一印象を決めるものです。面接に招待された場合、採用担当者は写真付きの履歴書を見て、より具体的にあなたを連想することができます。

つまり、履歴書に適切な写真を掲載することで、就職や転職の可能性を広げることができます。

履歴書にはどんな写真を使用すればいいのか、もともと履歴書に写真って本当に必要なのか、疑問に思う方も多いでしょう。 しかし、履歴書に写真を掲載することには多くのメリットがあり、何よりも採用の可能性が高まります。プロ並みの写真を履歴書に載せて、他の人に差をつけて、希望先の企業からの内定を狙いましょう。

履歴書用の写真の基本ルール

履歴書の写真のサイズ

基本的なサイズは縦4cm×横3cmです。もしオンラインでアップロード形式の履歴書であれば、写真のファイルサイズは「560×420ピクセル」もしくは「600×450ピクセル」が一般的です。

履歴書の写真の背景色

基本的にはグレー、白、または青という三つの選択肢があります。応募先の企業や与えたい印象によって背景色を変えるのもいいかもしれません。背景色は切り替えられるとはいえども、それ以外の写真の加工やフィルターの使用は基本的に許されていません。

履歴書の写真の服装

男女問わず、黒や紺色のスーツに白いシャツ、男性の場合はネクタイが一般的です。就職活動中の学生はリクルートスーツで撮影して、もう少し経験のある方の転職用の履歴書の写真だとビジネススーツを着用することをお勧めします。履歴書の写真での服装について詳しく読みたい方は、こちらをご覧ください。

姿勢

自信がある印象を与えるため、背筋を伸ばして胸を張りましょう。同時にやりすぎると硬い印象を与えてしまうリスクもありますので、鏡などで容姿やポーズを確かめながら姿勢を整えましょう。

表情

応募先の企業によってですが、マスコミなどを除いてほとんどの就職先だと歯を見せる満面の微笑みはふさわしくなとみなされています。一方で暗い顔もあまり印象が良くありません。ここでは「目で笑顔」といい、口を閉じ、両方の口角を上げるような表情を作って、親しみやすい印象を与えるよう心がけましょう。

髪型

前髪が目に入っていなくて顔全体が見えているかどうか確認して、清潔感のあるきちんとした髪型にしておきましょう。髪を明るい色に染めている人は染め直しも視野に入れないといけないですね。

履歴書の写真では帽子や大きな髪飾りなどもNGです。

メイク

普段はノーメイクだとしても、履歴書の写真のために化粧するのがマナーだとみなされています。「ナチュラル」を大前提とした自然な血色感を与える丁寧なメイクを志しましょう。リップとチークだけは、メリハリのある感じを与えるためいつもよりもう少し濃く塗っても大丈夫です。アイライナーなどは、目を強調できますので、使うことをお勧めします。

履歴書の写真を撮る時によくある失敗例

履歴書に相応しくないな写真を添付すると採用担当者は履歴書の内容、応募者のスキルや経験から目をそらす可能性があります。さらに、履歴書の写真は基本的な基準を満たしていない場合、雇用者側に仕事に関する指示も理解できなさそうな人間だと見なされるかもしれません。履歴書の写真が採用の過程全てを左右できると言っても過言ではないです!

履歴書の写真においては何が正しいやどのように自分を表現できるかは以上の内容で理解したのでしょうか。では今度は何を避けるべきかを考えてみましょう。履歴書の写真でNGとされていることは以下の通りです:

  • 服がアイロンされていないなど、ラフな格好

写真での身だしなみに気を配ることで、誠実さをアピールできます。撮影の前日にアイロンかけ、ブラシでの埃落とし、スーツやシャツのシミ、シワをチェックしておきましょう。

  • 普段着など、履歴書の写真にふさわしくない服装

仕事面において、スーツや制服を着ることはマナーの一つですので、希望先の企業への応募の時点でマナーを守ってフォーマルな格好で撮影しましょう。目立つような派手な服が有利だと考えても間違いですので、スーツ、シャツ、男性の場合はネクタイというコーデを選択しましょう。履歴書の写真の服装は、まさにシンプルイズベストです。

  • 薄すぎる、メリハリのない化粧

カメラのレンズは色を薄くする傾向があるため、元気な印象を与えたいのであれば、ベースメイクをナチュラルにして、アイライナ、チークとリップだけは少し濃いめに塗ることが履歴書の写真用のメイクのポイントです。

  • 加工やフィルターを使用した写真

自分のベストを見せたい気持ちは理解できますが、写真と実物はあまりにも別人だと、逆効果になりますのでご注意ください。

  • 正しくない姿勢や硬い表情または満面の笑顔

首を前に出して、背中を丸まった姿勢は自信のなさを伝えるので、背筋は伸ばした方がいいです。履歴書の写真は真顔も、満面の笑顔も印象を下げることになりますので、口を閉じて、口角を上げて「目での笑顔」を意識しましょう。上目遣いやあごを引き過ぎている写真もNGです。

  • 3ヶ月以上前に撮影した写真

使う写真が古くて、面接の時に明らかに現在の見た目と写真での容姿が違うのは印象良くないので、できる限りに最新のものを使いましょう。

履歴書の写真を家で撮りたいなら

履歴書用の写真は、自分でスマホで撮るという人もいます。もちろん、禁止されているわけではありませんし、現在、スマートフォンは一部のカメラよりも写真の質が高くなっています。写真館のスタジオなどに頼らず、自宅で履歴書の写真を撮影しようと思ったら、Passport Photo Onlineのようなプロのサービスの力を借りて、最高の仕上げにも関わらず安い履歴書用の写真をオンラインで作成しましょう!

当社の履歴書写真作成ツールに写真をアップロードしたら、背景色の設定、汚れや影の除去、正しいサイズへのトリミングなどが自動的で行われます。最後に完成した画像をウェブサイトやアプリから直接ダウンロードすることができます。

GooglePlayやApple Storeから無料でダウンロード可能なアプリも提供していますので、好きな場所で、好きな時間に履歴書用の写真が作成できて、時間とお金を節約できます。

最終更新日 2022/05/25

よくあるご質問

❓ 履歴書の写真にはどんな服装を着ればいいですか?

就職活動中の学生であれば、基本はリクルートスーツです。転職の履歴書の場合にはビジネススーツを着ることを薦めします。

❓ 履歴書の写真のサイズは何ですか?

一般的なサイズはタテ36~40mm、ヨコ24~30mmです。オンラインで提出する履歴書であれば、基本的なファイルの大きさは「560×420ピクセル」または「600×450ピクセル」です。

❓ 履歴書の写真はアプリを使って撮影しても大丈夫ですか?

証明写真用のソフトを使用して、写真が全ての要件を満たしていれば、アプリで撮影した写真を履歴書に使用しても問題ありません!詳しくはこちらをご覧ください。

履歴書の写真の背景色はブルー・グレー・白から選べます。

真夏日でも、ジャケットを着るのは社会人のマナーだとみなされていますので、撮影の時だけ我慢してジャケットを着るようにしましょう。

ドキュメントについて

日本の履歴書

日本で仕事をするために就職活動に参加する場合、履歴書の記入と提出が必須条件となっています。一般的な履歴書はフォーマットが決まっていて、写真、応募者の個人情報、学歴や前職などに関する項目の記入を求められます。

また、応募者が持っている資格や免許、趣味などについても聞かれます。

ほとんどの企業の場合、履歴書では、「この会社に応募した理由」(志望動機)と「自分の長所や強み」(自己PR)など、典型的な2つの質問に答えることが求められます。

この情報は役に立ちましたか?

評価: 4.85 - 投票数:20